横綱稀勢の里誕生

待ちに待った 稀勢の里が 横綱となった。

今日の奉納土俵入りでは 史上二番目の観客があった。

モンゴル人に 独占されていた 横綱が 日本人で誕生した。

八百長事件で 力士が 真剣勝負をするようになって 怪我人が続出して 一月場所も2横綱が休場した。

この様な 事態で 白鵬の 存在が際立った。その白鵬も 少し陰りを見せてきている。

それでも 白鵬の 相撲界に 貢献した 実績は大きいものがある。

横綱候補と言われて 久しい 稀勢の里が 漸く横綱に昇進した事は 相撲フアンは 喝采している。

十両の 宇良 は今までにない 技を繰り出し 新しい相撲フアンを呼び込んだ。

相撲桟敷には 女性フアンが多く占め 先場所では 浅丘ルリ子さんの前に 琴奨菊が 落ちていき 

浅丘さんが 中腰で逃げる姿が ユーモラスで ビデオで何度も 写されて 笑ってしまった。

男性客は 比較的無表情ですが 女性客は 表情も応援も にぎやかで 雰囲気が盛り上がる。

テレビが大型化して 解像度も 上がり 観客の一人ひとりの顔が 良く見え 女性客が増える事を協会も演出すべきではないでしょうか。

稀勢の里は 品格もあり 立派な横綱になると思う。がんばれ、稀勢の里。

五十肩の経緯

五十肩に悩んで、苦しめられている人はこの時期が 一番辛い時期です。2月末まで 続きます。

3月中旬あたりから 痛みも和らぎます。

五十肩は 自然に治ったという人もいますが 自分も 自然に治るという考えは 危険です。

この時期 治療をしておかないと 痛みが消えた後 腕が上がらない 後ろに回らないとか パソコンのキーボードが打てない という症状が 残ります。

痛みが 何年も続いているという人は こじれてしまった可能性がありますが 五十肩以外の 原因があるかもしれません。

きちんとした 治療をしていれば 何年も痛みが続くことは 珍しいです。今の治療が間違っている事も有り得ます

この時期は 一番冷える時期です。温める事が大切ですが それだけでは 治るとは言えません。

肩は 痛めると解りますが 日常生活で かなりな 頻度で 使っています。肩をひんぱんに 使う仕事の人は

治りずらいですが 信頼できる 治療院と よく相談して 治療法を 検討すると 治りやすいでしょう。        

高齢者の腰痛

今日23日は 天皇陛下の83歳となる 誕生日でした。

ご高齢でも一般参賀で見えた ご様子は お元気に見えました。

高齢になると 筋肉、骨、視力、聴力、記憶力など が弱くなります。

なかには 高齢でもすべてに 元気な人も見かける事も 多いですが。

高齢の腰痛は 視力低下で ちょっとした 段差で躓いて 転び 骨折するという事で 腰痛に悩む事も少なくありません。

先ず 転ばない事です。 そして 少しの高さでも 飛び降りたり しない事です。又、 水たまりなどを 飛び越えたりすることも 要注意です。

自分が思っている以上に 骨が弱くなっている事も 頭に入れておく必要があります。

痛めると 治りが悪くなり 寝たきりにならないように しないと 元気な高齢者に なれません。

猫背を治すには

猫背は 見た目が悪いだけでなく 健康的にも悪い。

猫背を治す方法。

顎を上げる

左右の肩甲骨を 近づけるように チカラを入れる。

そして 鼻から息を吸込み背中に空気を入れるようなイメージで。

ゆっくり 口から息を吐く。

ポイントは  呼吸を吸い込む時背中と 胸に空気が入るようにすることです。

一日 朝 昼 夜 三回づつ。

毎日続けることが 大切です。

地震、津波、雪

今朝は 震度4の地震で驚き 津波で 心配した一日でした。

3.11以来の津波警報で 一日中どうなるかと 心配した一日でした。3.11以前の津波警報はいつも こんな感じで 避難が空振り していて 何となく非難をして損をしたような 気分になったものでした。

この感覚が しみついて 何時か 津波警報を 軽視するようになり それが あの 3.11の惨事に繋がったのだと思います。

やはり 警報が出たら それでも 避難して 解除がでるまでは 職場も学校も 避難することを 進めるべきです。

そして明日の夜から明後日の一日中 関東地方に雪が降る という予報です。

今日は暖かい日でしたが 急な気温の低下が予想され 今日の服装では 風邪をひく恐れがあります。

高齢者は 気温の変化に 血圧の上昇も 気を付けないと 危険です。

11月の雪は 関東地方では 気象観測して 未だ記録がないという ことです。

気温の急降下は 紅葉には良い 色が出て雪に紅葉も 見てみたいものです。

良い写真が撮れるかもしれません。

Profile
カテゴリー
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ